2014年10月27日

アジアビジネスと人的資源-今後、ビジネス上重要度が増すのは「ベトナム」、「インドネシア」、「インド」-

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

文字サイズ

■要旨

日本生命保険(相)とニッセイ・リース(株)は39回目となる「ニッセイ景況アンケート調査(2014年度上期調査(2014年8月実施、回答企業数4,285社))」を実施した(ニッセイ基礎研究所が集計・分析を担当)。アンケートでは、特別調査項目として「アジアビジネスと人材のグローバル化」を取り上げ、企業経営におけるアジアビジネスの現状と今後の見通し、それを支える人的資源(人材のグローバル化)について、各企業の考え方や取組みを調査した。

本稿では、当特別調査を基に、各企業におけるアジアビジネスの重要度とその理由、重要な国・地域(現状、今後)、アジアビジネスにおける課題を踏まえながら、今後の海外人材の確保・育成について取組みの一端を概説する。



53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

(2014年10月27日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【アジアビジネスと人的資源-今後、ビジネス上重要度が増すのは「ベトナム」、「インドネシア」、「インド」-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アジアビジネスと人的資源-今後、ビジネス上重要度が増すのは「ベトナム」、「インドネシア」、「インド」-のレポート Topへ