2014年10月03日

アベノミクスと年金財政の関係-就労拡大で国民年金財政が改善

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

2014年6月に発表された公的年金の財政検証では、アベノミクスの奏効を仮定するか否かで結果が分かれた。アベノミクスが奏効して女性や高齢者の労働参加が進むと、国民年金財政が改善して基礎年金の削減が抑えられる結果になっているが、就労拡大と国民年金財政の関係は一見無関係に感じられる。本稿では、両者の関係を公開データの範囲で紐解いてみる。

このレポートの関連カテゴリ

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【アベノミクスと年金財政の関係-就労拡大で国民年金財政が改善】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アベノミクスと年金財政の関係-就労拡大で国民年金財政が改善のレポート Topへ