2014年10月01日

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

  1. 大企業製造業の業況判断D.I.が13と前回比で1ポイント上昇し、2四半期ぶりとなる景況感の改善が示された。一方、大企業非製造業の業況判断D.I.は13(前回比6ポイント下落)と製造業との間で方向感が分かれた。前回調査以降も消費の低迷が色濃く残り、生産や出荷も減少が続いている。大企業製造業では、8月下旬以降の急速な円安再開が多少織り込まれ、景況感が小幅に改善したが、内需依存度の高い非製造業では悪化が鮮明になった。中小企業は、製造業、非製造業ともに景況感が悪化した。中小製造業では円安による悪影響が出やすいことから、大企業との間で方向感に違いが出たとみられる。なお、先行きの景況感は総じて横ばいとなった。今後、駆け込み需要の反動減緩和は期待されるものの、不透明感も強く、まだ楽観視できる状況にはないと判断しているとみられる。
  2. 14年度事業計画はまずまずの内容。収益計画は依然減益計画ながら、前回からは売上・利益ともに小幅に上方修正されている。また、14 年度設備投資計画は前年度比4.2%増と上方修正された。今回の修正幅は2.4ポイントと、12年度9月調査や13年度9月調査の上方修正幅を上回り、強い内容と言える。ただし、上期・下期で見ると、上期計画が下方修正される一方で、下期計画が大幅な積み増しとなっており、一部先送りの動きが出ているとも見られるだけに、今後の下振れリスクもある。

業況判断DIは足元方向感分かれる、先行きは回復鈍い(大企業)

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばいのレポート Topへ