2014年09月30日

市場流動性の影響を考える-市場流動性を加味したパラメータ推計方法と新たな市場流動性指標の提案

金融研究部 准主任研究員   高岡 和佳子

文字サイズ

■要旨

証券投資理論の多くは、市場が完全に効率的であることを前提とするが、実際の市場は完全に効率的であるとは言えない。本稿では市場が完全に効率的でないために、資産価格収益率に影響を及ぼすこと、また、それにより投資家が想定する価格と取引価格の乖離が生じた場合、その乖離を縮小させる働きがあることを前提に、資産価格収益率をモデル化する。そして、時間間隔が長いほど価格収益率の分散は小さく、相関係数の絶対値が大きくなることを、モデルを用いて示す。

本稿では、実際のデータを用いてモデルの有効性も確認した。市場流動性の低い銘柄ほど効率性が低く、資産価格収益率への影響が大きくかつ、乖離を縮小させる働きが弱いと考えられる。この考えと整合的な結果を得たことから、簡素ながら有効なモデルと判断し、モデルを用いた長期間の収益率の分散や相関係数を推計する方法、及び新たな市場流動性指標の可能性を提案する。

71_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

レポート

アクセスランキング

【市場流動性の影響を考える-市場流動性を加味したパラメータ推計方法と新たな市場流動性指標の提案】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

市場流動性の影響を考える-市場流動性を加味したパラメータ推計方法と新たな市場流動性指標の提案のレポート Topへ