2014年09月30日

「再興戦略改訂」に組み込まれた「ロボット革命」の実現 -「社会的な課題解決」へ向けた「5カ年計画」策定に注目-

社会研究部 准主任研究員   青山 正治

文字サイズ

■要旨

9月11日に、「『日本再興戦略』改訂2014」(6月24日閣議決定、以降、「再興戦略改訂」)に早期開催が明記された、第1回目の「ロボット革命実現会議」が開催された。この会議は、「社会的な課題解決に向けたロボット革命の実現」のための具体策の検討を目的として開催され、年末までにそのアクションプランである「5ヵ年計画」策定が予定されている。従来、医療や介護分野のロボットの開発・普及が先行して注目されてきたが、「ロボット革命実現会議」の開催を機に、今後は様々な分野でのロボット開発・普及への動きが活発化しよう。

本稿では、「再興戦略改訂」のロボットに関する記述内容を確認した上で、「ロボット革命」を目指した各方面の取組や「5カ年計画」について簡略な考察を加える。

62_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

青山 正治 (あおやま まさはる)

研究・専門分野
少子高齢社会・社会保障

(2014年09月30日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【「再興戦略改訂」に組み込まれた「ロボット革命」の実現 -「社会的な課題解決」へ向けた「5カ年計画」策定に注目-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「再興戦略改訂」に組み込まれた「ロボット革命」の実現 -「社会的な課題解決」へ向けた「5カ年計画」策定に注目-のレポート Topへ