2014年09月29日

【8月米耐久財受注】好調な投資意欲を確認

研究員   高山 武士

文字サイズ

【要旨】

結果の概要:堅調な結果

9月25日、米国商務省が8月の製造業の耐久財出荷・在庫・受注統計を公表した。注目度の高い耐久財受注額は前月比▲18.2%となり、前月改定値(同+22.5%)から下落した。市場予想の▲18.0%(Bloomberg集計の中央値、以下同様)を若干下回ったが、ほぼ予想通りの結果と言って良いだろう。大幅な下落は前月に輸送用機器の受注が急増したことで押し上げられていた(ボーイング社の大型受注と見られる)ことが主因である。
輸送用機器は前月比▲42.0%(前月:同+73.3%)であり、輸送用機器を除いたベースでは前月比+0.7%と、前月改定値(同▲0.5%)からプラスに転じ、市場予想(同+0.6%)をやや上回っている。また設備投資の先行指標となるコア資本財(国防および航空を除く)受注高も前月比+0.6%と、前月改定値(同▲0.2%)からプラスに転じ、こちらも市場予想(同+0.4%)をやや上回った。
8月の結果を見ると、輸送用機器を除いた受注やコア資本財受注が予想をやや上回り、また7月分も速報値から上方修正されているなど(7月の輸送用機器を除く受注は、速報値:▲0.8%→改定値:▲0.5%、コア資本財受注は、速報値:▲0.5%→改定値:▲0.2%)、全体的に好感できる内容だったと言える。出荷額はコア資本財で見て前月比+0.1%(前月改定値:同+1.9%)と市場予想(同+0.5%)をやや下回ったものの、3カ月移動平均(3カ月前比年率)では受注額で9%台、出荷額で17%台まで加速していることから、企業の堅調な景況感を反映し、好調な投資活動が維持されていると評価できる(詳細はPDFを参照)。


米国製造業の耐久財受注/米国製造業の耐久財受注・出荷と設備投資

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【8月米耐久財受注】好調な投資意欲を確認】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【8月米耐久財受注】好調な投資意欲を確認のレポート Topへ