2014年09月08日

健康診断で知りたい情報~健康診断結果とレセプトデータの受診歴による分析より

保険研究部 准主任研究員   村松 容子

高齢者の医療・介護 医療制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要約

この春、健康診断の「基準範囲」が話題になった。「基準範囲」とは、健康な人の検査数値の範囲のことだが、この話題をうけて「病気の診断基準が変わるのではないか」、「現在受けている治療は過剰ではないか」といった誤解が一部で生じた。

このような誤解が生じた要因の1つに、健康診断における「基準範囲」の意味があまり認識されていなかったことが考えられる。

本稿では、糖尿病の診断基準のひとつであるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を取り上げ、健康診断の結果とレセプトデータを使って、年齢ごとの検査数値の分布や検査数値と医療費等との関係を紹介し、健康診断の結果に含めるべき情報について考える。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
54_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療

(2014年09月08日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【健康診断で知りたい情報~健康診断結果とレセプトデータの受診歴による分析より】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

健康診断で知りたい情報~健康診断結果とレセプトデータの受診歴による分析よりのレポート Topへ