2014年09月05日

【7月米貿易統計】7月も貿易赤字は縮小、3カ月連続

研究員   高山 武士

文字サイズ

【要旨】

結果の概要:3カ月連続の赤字幅縮小

9月4日、米商務省の国勢調査局および経済分析局(BEA)は7月の貿易統計(速報値)を公表した。7月の財・サービスを合計した輸出額(季節調整済、国際収支ベース)はl980.23億ドル、輸入額(同)は2385.68億ドルとなり、貿易収支は▲405.46億ドル(前月改定値:▲408.10億ドル)であった。市場は7月の貿易収支で▲424億ドル(Bloomberg集計の中央値)と赤字幅の拡大を予想していたが、予想に反して赤字幅が縮小したことになる。貿易赤字は3カ月連続で縮小しており、7月の縮小幅は小幅にとどまったものの、6月と比べて赤字幅は2.64億ドルだけ縮小している(前月は同26.55億ドルの赤字縮小)。
輸出入の伸び率を前月比年率で見ると、輸出は+11.7%(前月:同+0.2%)、輸入は+8.2%(前月:同▲12.4%)となった。前年同月比では、輸出が+4.3%(前月:同+3.1%)、輸入が+4.0%(前月:同+4.4%)であった。貿易収支を前年同月の2014年7月と比較すると11.27億ドルの赤字幅拡大だった(前月は42.58億ドルの赤字幅拡大)。
7月は輸出入ともに、前月比で見ても前年同月比で見ても伸び率が加速した。前年比の伸び率はそれほど高いとは言えないが、グロスの貿易量が増えていることから、貿易を含めた経済活動が活発になりつつあることが示唆される結果と言えるだろう。
貿易収支については3カ月連続して赤字幅が縮小したが、工業用原料(石油・石油製品含む)の輸入の減速が主因であり、資本財や車両関係の輸入は増加が続いている。今後は米国の景気拡大に伴って輸入の伸びが加速し、貿易収支の赤字幅が拡大していくと思われる。(詳細はPDFを参照)。


米国の貿易収支/輸入の動向(財別寄与度)

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【7月米貿易統計】7月も貿易赤字は縮小、3カ月連続】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【7月米貿易統計】7月も貿易赤字は縮小、3カ月連続のレポート Topへ