2014年09月03日

【8月米ISM製造業指数】予想に反して改善、非常に強い結果

研究員   高山 武士

文字サイズ

【要旨】

結果の概要:予想に反して改善

9月3日、米サプライマネジメント協会(ISM)は製造業の景況感を示す8月の製造業指数(PMI)を公表した。結果は59.0となり前月(57.1)から改善、小幅悪化を見込んでいた市場予想(57.0、Bloomberg集計の中央値)に反して2011年3月以来となる高水準まで上昇した
8月は総合指数が前月から上昇、また先行性の高い新規受注指数も改善しており、先行きの事業環境にも期待が持てる内容だった。注目度の高い雇用指数は小幅に悪化したが、過去と比べ高い水準を維持しており、良好な結果だったと言える(詳細はPDFを参照)。

米国の製造業センチメントと生産指数/ISM製造業指数(PMI)



 
 季節調整済の数値。以下、特に断りがない限り、季節調整済の数値を記載している。

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【8月米ISM製造業指数】予想に反して改善、非常に強い結果】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【8月米ISM製造業指数】予想に反して改善、非常に強い結果のレポート Topへ