2014年08月22日

「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 4~6月期のユーロ圏の実質GDPは前期比ゼロ成長に失速、ドイツも循環的な調整に天候やカレンダーなどの特殊要因が加わり、前期比0.2%のマイナス成長となった。
  2. ファンダメンタルズから考えて、ドイツ経済の落ち込みは一時的と見るのが自然だが、受注やZEW指数など先行性の高いサーベイ調査が大きく悪化し、その原因が「地政学的リスク」と説明されたことで、波紋が広がっている。
  3. ウクライナを巡るロシアとの対立が極めて深刻なものへと発展しない限り、ドイツ経済が、地政学的リスクによって大きな打撃を受けることは考え難い。ドイツにとってのロシア市場は、景気の基調を大きく変えるほどの規模ではなく、現段階ではEUの制裁・報復措置の範囲も限定されているからだ。
  4. しかし、この先、ウクライナを巡るロシアとの対立が解消しなければ、制裁と報復の領域がさらに広がる懸念は消えず、企業マインドの萎縮が長く続くおそれがある。また、冷戦終結以降、ドイツが結びつきを強めてきた中東欧は押し並べてロシアと深く関わっている。中東欧の景気減速を通じた間接的な影響がドイツに及ぶおそれもある。しばらくは注意深く見守る必要がある。

ユーロ圏の実質GDP~ファンダメンタルズからは考え難いドイツの景気後退局面入り~

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2014年08月22日「Weekly エコノミスト・レター」)

レポート

アクセスランキング

【「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋のレポート Topへ