2014年08月15日

中国経済:14年7月の景気評価点~2ヵ月連続の低下で、景気の勢いは鈍化

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 7月の景気評価点は前月より1点低下の5点となった。5月(9点)を天井に2ヵ月連続の低下となり、景気の勢いは鈍ってきている。但し、依然として○と×が半々の状況で、悲観するのはまだ早いだろう。

○ 中国政府は8月5日に「金融の合理的な伸びを維持」するよう指示、短期金利(SHIBOR翌日物)を低めに誘導していることから、景気が再び勢いを取り戻す可能性もある。引き続き景気指標の動きから目が離せない。


景気評価点の推移

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

(2014年08月15日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【中国経済:14年7月の景気評価点~2ヵ月連続の低下で、景気の勢いは鈍化】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:14年7月の景気評価点~2ヵ月連続の低下で、景気の勢いは鈍化のレポート Topへ