2014年08月12日

イギリスの個人年金の改定-ドローダウン新商品の開発は進むか?

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   篠原 拓也

文字サイズ

【要旨】

本稿は、保険制度・商品に興味のある方々に向けて、イギリスの個人年金の、最近の動向を紹介するもので、特に予備知識を要しない内容としている。

現在、イギリスの年金制度は公的年金、民間年金とも、変革期に差し掛かっている。個人年金分野では、政府が2014年予算の中で、税制の変更を通じて、受取方法の自在性を向上し、個人年金を改革することを発表した。これにより、従来のアニュイティーから、収益性の低いドローダウンへと移行し、生保会社の経営に大きな影響が生じるものと考えられている。
近年、低金利が続いている日本では、貯蓄型商品の魅力維持を通じて、加入者に老後生活資金の安心を提供することに向けて、生保各社が懸命に知恵を絞っている。その際、イギリスの動向やそれに伴う新商品開発には、参考にすべき点が多くあるものと思われる。今後もその動向には、注意が必要と考えられる。

30_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

(2014年08月12日「保険・年金フォーカス」)

レポート

アクセスランキング

【イギリスの個人年金の改定-ドローダウン新商品の開発は進むか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

イギリスの個人年金の改定-ドローダウン新商品の開発は進むか?のレポート Topへ