2014年08月08日

8月ECB政策理事会:景気減速懸念、対ロシア関係悪化、ポルトガルの銀行救済が質疑の焦点

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州中央銀行(ECB)が7日に8月の政策理事会を開催、大方の予想通り、現状維持を決めた。

ドラギ総裁は、記者会見で、EUとロシアの対立の激化という地政学的なリスクの高まりに警戒感を示し、景気判断を幾分慎重化した。現段階では、EUとロシアの制裁と報復の応酬の影響を測ることは困難としつつ、情勢が悪化した場合には国債の購入も選択肢となることを認めた。

破綻処理に至ったポルトガルの大手銀行BESの問題は固有のものであり、伝播のリスクはないとの見方を示した。

9月に始まる最長4年のターゲット型資金供給(TLTRO)規模の見通しとして全8回で4500億ユーロ~8500億ユーロとの数字を上げた。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2014年08月08日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【8月ECB政策理事会:景気減速懸念、対ロシア関係悪化、ポルトガルの銀行救済が質疑の焦点】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

8月ECB政策理事会:景気減速懸念、対ロシア関係悪化、ポルトガルの銀行救済が質疑の焦点のレポート Topへ