2014年07月18日

ポルトガルの銀行問題:「ユーロ危機再燃につながらない」は本当か?

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. ポルトガルの大手銀行・BESのグループ企業の経営不安はアイルランドやスペインで銀行の問題が政府の信用への不安とユーロ危機再拡大のきっかけとなったことを想い起こさせた。
  2. 今のところ、この問題の伝播リスクは限定的との見方が支配的だが、ポルトガルが銀行と政府の信用不安再燃の引き金となる潜在的なリスクは軽視できない。ポルトガル中銀が、BESが資本不足に陥るリスクを否定しても、ファミリー企業グループ内の資本構成の複雑さなどから、BESへの影響は読みきれない面がある。
  3. それでも、伝播のリスクへの警戒の広がりが抑えているのは、ユーロ圏の制度がこの4年間で進化し、銀行の経営問題に対するルールも明確になっているからだろう。
  4. ECBが金融緩和の強化を約束していることも支援材料である。ターゲット型長期資金供給(TLTRO)は、必要なデレバレッジを妨げることなく、銀行の資金調達の安定化を図り、民間貸出を下支える枠組みとして機能することが期待される。
  5. 南欧を中心に企業の経営破たんとそれに伴う銀行の損失計上、ベイルインなどの動きがある程度続くことは避けられない。BESの問題は過度の楽観に対する警鐘である。

株価の調整に拍車をかけたポルトガルの大手銀行のグループ企業の経営不安~第一次ギリシャ支援決定後の独仏南欧諸国の株価の推移~

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2014年07月18日「Weekly エコノミスト・レター」)

レポート

アクセスランキング

【ポルトガルの銀行問題:「ユーロ危機再燃につながらない」は本当か?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ポルトガルの銀行問題:「ユーロ危機再燃につながらない」は本当か?のレポート Topへ