2014年07月16日

【6月米小売売上高】消費の強さは維持されている

研究員   高山 武士

文字サイズ

【要旨】

結果の概要:予想は下回ったが基調はほぼ予想通り

7月15日、米国商務省が6月の小売売上高を公表した 。結果は前月比+0.2%となり、前月改定値(+0.5%)から低下、市場予想の+0.6%(Bloomberg集計の中央値)も下回った。ただし、前月分(5月)が前月比で+0.3%から+0.5%に上方修正され、前々月分(4月)も同+0.5%から+0.6%に上方修正されている。4-6月を合計して見れば小売売上の強さはほぼ予想通りだったと言える。3カ月移動平均の前期比年率で見ると+9.6%(前月:同+9.8%)と寒波からの反動増が鮮明となっており、消費の強さは維持されていることが分かる(詳細はPDFを参照)。


小売売上高(主要品目別、前月比)/個人消費の動向(寄与度別小売売上高、PCE)


このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【6月米小売売上高】消費の強さは維持されている】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【6月米小売売上高】消費の強さは維持されているのレポート Topへ