2014年07月15日

中国保険市場の最新動向(8)32地域別でみる中国保険マーケット(2013年)-保険市場は引き続き回復-

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

文字サイズ

■要旨

中国の生保市場は成長のスピードを取り戻している。2013年の生保市場の収入保険料は前年比5.8%増と1兆元の規模を維持した。更に、2014年1~5月は前年同期比31.0%となるなどその勢いを大幅に回復している。

一方、各地域における2013年の1人あたりの保険料拠出(生損保合計)をみると、最も多い北京市(東部地域)と最も小さいチベット自治区(西部地域)では依然13倍の大きな格差がある。経済が発展している東部沿海地域の北京市、深?市、上海市の3大マーケットが突出して拠出額が大きく、それ以外の地域はいずれも全国平均値以下という状況だ。

直近の2014年1~5月について、生保については前年同期比31.0%増と大幅に伸びているものの、4月から導入されている銀行窓販の規制を受けて、その成長は減速気味である。近年、消費者保護の観点から販売に関する規制は強化される傾向にあり、マーケットの成長にどのような影響を及ぼすのか、その動向を注視する必要がある。



53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【中国保険市場の最新動向(8)32地域別でみる中国保険マーケット(2013年)-保険市場は引き続き回復-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国保険市場の最新動向(8)32地域別でみる中国保険マーケット(2013年)-保険市場は引き続き回復-のレポート Topへ