2014年07月02日

【6月米ISM製造業指数】景況感の良さを再確認

研究員   高山 武士

文字サイズ

【要旨】

結果の概要:景況感の良さを再確認

7月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は製造業の景況感を示す6月の製造業指数(PMI)を公表した。結果は55.3となり、前月(55.4)からほぼ横ばいとなった(詳細はPDFを参照)。

市場予想が55.9(Bloomberg集計の中央値)であったため、予想を下回る結果となったものの、先行きの動向を示す新規受注が拡大を続けているなどの好材料もあり、それほど悲観する必要もないだろう。強いて言えば雇用指数が伸び悩んでいるため、雇用環境の改善が遅いことに懸念が残るものの、総じて見れば、景況感の良さを再確認できた内容であったと言える。


米国の製造業センチメントと生産指数/ISM製造業指数(PMI)

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【6月米ISM製造業指数】景況感の良さを再確認】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【6月米ISM製造業指数】景況感の良さを再確認のレポート Topへ