2014年06月26日

人口1億人目標と地方経済-地方は千差万別ながらも集積・転換、独自性の共通課題も

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■はじめに

安倍政権は初めて骨太の方針で50年後に人口一億人を維持するとの目標を掲げた。この目標を達成するには、地方再生が絶対条件になってくる。政府も地方再生に向けた施策を急いでいるが、2040年には全国で半数の都市が消滅するとの試算もあり、残された時間は少ない。

地方は多様であり再生の方法も千差万別だ。しかし、共通する課題も存在しそれらを強力に推し進める必要がある。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【人口1億人目標と地方経済-地方は千差万別ながらも集積・転換、独自性の共通課題も】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

人口1億人目標と地方経済-地方は千差万別ながらも集積・転換、独自性の共通課題ものレポート Topへ