2014年06月16日

中国経済:2014年5月の主な経済指標の動き

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

中国経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

○ 中国では、税関総署が6月8日に貿易統計を発表、国家統計局が10日に消費者物価を、13日に工業生産、小売売上高、固定資産投資を発表し、5月の主要な経済指標が出揃った。

○ 5月の経済指標を総括すると、供給面から見ると弱々しいながらも上向いてきているが、需要面から見ると、投資は鈍化傾向を続けており、輸出と消費も表面的には上向いたと見られるものの不安が残る内容であることから、景気は一進一退の動きから抜け出せていないと見られる。

○ また、5月の消費者物価は前年同月比2.5%上昇と4月の同1.8%上昇を上回ったものの、今年の抑制目標である3.5%前後は依然として大きく下回るレベルで落ち着いている。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済:2014年5月の主な経済指標の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:2014年5月の主な経済指標の動きのレポート Topへ