2014年06月10日

欧米生保市場定点観測(3)アメリカの新生命表検討の動向-新生命表は、予定通りに作成されるのか?

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   篠原 拓也

文字サイズ

【要旨】

アメリカでは、アクチュアリー会にて新生命表の作成が検討されている。現在、経験データを補整・補外した生命表と、これに規制上必要なマージンを上乗せして調整した生命表の作成が進められている。これまでに、従来よりも多くの会社が経験データを提供しており、これに様々な調整を施しつつ補整・補外の細部検討が行われている。マージンについても、その目的に応じた検討が行われている。

これまでアメリカでは、マージンを上乗せして調整した生命表の改定は約20年ごとに行われてきている。今回の2014年の改定は、当初の改定時期を後ろ倒しして現在に至っており、今後、予定通りに改定作業が進むかどうかは不明だが、その動向には引き続き注目する必要があると考えられる。

30_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

レポート

アクセスランキング

【欧米生保市場定点観測(3)アメリカの新生命表検討の動向-新生命表は、予定通りに作成されるのか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧米生保市場定点観測(3)アメリカの新生命表検討の動向-新生命表は、予定通りに作成されるのか?のレポート Topへ