2014年06月04日

配偶者控除の見直しと「標準世帯」モデルの終焉

上智大学 経済学部   中里 透

文字サイズ

配偶者控除の見直しについては、近年における世帯構造の変化を踏まえつつ、この制度が女性の就業を阻害する要因となっていないか(課税の中立性)、相対的に所得の高い人に有利な制度となっていないか(課税の公平性)を中心に冷静な議論を積み重ねていくことが重要である。

上智大学 経済学部

中里 透

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【配偶者控除の見直しと「標準世帯」モデルの終焉】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

配偶者控除の見直しと「標準世帯」モデルの終焉のレポート Topへ