2014年06月04日

国際的な会計基準の統一に向けた日本の当面の対応について

金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長   梅内 俊樹

企業経営・産業政策 企業年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ B! Pocketで後で読む

文字サイズ

退職給付に関する会計基準が2012年5月に改正され、2013年度より適用が開始されたこと等により、日本の基準とIFRSとのコンバージェンスに向けた検討は一段落している。しかし、両者の間には依然として隔たりがある。この収斂に向けた新たな方針では、IFRS任意適用の増加が促されており、その動向は日本の会計基準の行方を占う上でも注目される。

twitter Facebook g+ B! Pocketで後で読む
78_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長

梅内 俊樹 (うめうち としき)

研究・専門分野
リスク管理、年金運用

レポート

アクセスランキング

【国際的な会計基準の統一に向けた日本の当面の対応について】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国際的な会計基準の統一に向けた日本の当面の対応についてのレポート Topへ