2014年06月03日

【5月米ISM製造業指数】米国経済の強さが確認できる良好な結果

研究員   高山 武士

文字サイズ

【要旨】

結果の概要:改善が続く

6月2日、米サプライマネジメント協会(ISM)は製造業の景況感を示す5月の製造業指数(PMI)を公表した。結果は55.4 となり前月の54.9から改善、市場予想の55.5(Bloomberg集計の中央値)とほぼ同水準となった(詳細はPDFを参照)。

今回はISMが当初公表した値に誤りがあり、2度の修正がされたため、株価も大きく変動する場面があったが、PMIの内容自体は米国経済の強さが確認できる良好な結果だったと言える。ただし、構成指数のうち雇用指数は他の項目と比較とすると勢いに欠け、やや懸念も残った。

41619_ext_15_1.jpg

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【5月米ISM製造業指数】米国経済の強さが確認できる良好な結果】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【5月米ISM製造業指数】米国経済の強さが確認できる良好な結果のレポート Topへ