2014年05月27日

エマージングリスクの検討状況-昨今の動きと北米での意識調査の概要

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

【要旨】

エマージングリスクについては、それを特定し、さらに顕在化した際の対応策を考えるべく、世界規模でいくつかの研究機関で、意識調査などが行われている。今般、北米を中心とした調査結果が公表されたので結果を紹介する。またエマージングリスクは、保険会社のERMの枠組みにおいても意識されているものの、具体的な規制に向けて検討途上のようであり、今後の動向に注目していきたい。

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【エマージングリスクの検討状況-昨今の動きと北米での意識調査の概要】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

エマージングリスクの検討状況-昨今の動きと北米での意識調査の概要のレポート Topへ