2014年05月23日

ユーロ圏の財政健全化-政府債務残高GDP比率の安定化に必要な成長の加速-

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 2013年のユーロ圏の財政赤字の名目GDP比は財政の健全性の目安となる3%まで縮小した。EU・IMF支援に支援要請国は、卒業した3カ国も含めてまだ赤字は過剰である。非支援要請国は多くが過剰な赤字を脱したが、フランスとスロベニアが残った。
  2. EUの財政健全性のもう1つの目安である政府債務残高の名目GDP比率(債務残高比率)は世界金融危機前から恒常的に60%の基準値を上回ってきたが、金融危機後の急上昇の後も上昇が続き、13年には92.6%に達した。
  3. 債務残高比率に影響を及ぼす要因のうち利払い費はユーロ圏全体では3%前後で安定している。欧州委員会は、13年にほぼ均衡した基礎的財政収支が14年以降は黒字転化、成長の加速で15年には債務残高比率が低下に向かうと予測している。
  4. ユーロ圏の過剰債務国に対する評価は改善しているが、これらの国々の債務残高比率の安定を実現する鍵は持続的な成長の実現にある。

ユーロ圏の財政赤字と政府債務残高の対名目GDP比率~赤字削減は進展、債務比率の上昇は続く~

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【ユーロ圏の財政健全化-政府債務残高GDP比率の安定化に必要な成長の加速-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ユーロ圏の財政健全化-政府債務残高GDP比率の安定化に必要な成長の加速-のレポート Topへ