2014年05月20日

中国保険市場の最新動向(7)公務員の年金が会社員の2倍とは…。-中国の年金制度改革3つのポイント-

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

文字サイズ

■要旨

中国では3月の全国人民代表会議(日本の「国会」に相当)で、年金制度の改正に関する本年の目標を3つ掲げている。

それは、「年金の統合」、「切替(種別変更)手続きの整備」、「公務員の年金制度改革」である。3ヶ月が経過した現時点までで、「年金の統合」および「種別変更手続き」については早くも動きが見られた。

しかし、改革の本丸である「公務員の年金制度改革」についてはまだ動きが見られない。政府は2008年以降、改革の実施をこれまで3回提唱しているが、いずれも具体的な改革には至っていない。官民の受給格差が2倍以上あり、改革の行方は注目度が高いだけに、策を誤れば公務員側の混乱と国民からの更なる不満の両方を招きかねない。



53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【中国保険市場の最新動向(7)公務員の年金が会社員の2倍とは…。-中国の年金制度改革3つのポイント-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国保険市場の最新動向(7)公務員の年金が会社員の2倍とは…。-中国の年金制度改革3つのポイント-のレポート Topへ