2014年05月14日

中国経済:4月の経済指標~失速懸念は薄れるも、上向く確証は得られず

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 中国では、税関総署が5月8日に貿易統計を発表、国家統計局が9日に消費者物価を、13日に工業生産、小売売上高、固定資産投資を発表し、4月の主要な経済指標が出揃った。

○ 4月の経済指標を総括すると、供給面では工業生産に改善の兆しがあるものの、支出面では輸出が少し改善した程度で、消費は横ばい程度に留まり、投資の減速傾向も続いていることから、景気が失速する懸念はやや薄れたものの、上向くとの確証は得られていない。中国政府は順次対策を打ち出してきたことから、5月の経済指標に反映してくるのか要注目である。

○ また、4月の消費者物価は前年同月比1.8%上昇と3月の上昇率を0.6ポイント下回った。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済:4月の経済指標~失速懸念は薄れるも、上向く確証は得られず】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:4月の経済指標~失速懸念は薄れるも、上向く確証は得られずのレポート Topへ