2014年05月01日

中国経済:5/1発表の製造業PMI~2ヵ月連続の改善も、景気は引き続き正念場

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 4月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整済)は50.4%と前月比0.1%ポイント上昇、小幅ながら2ヵ月連続の改善で、2014年2月の50.2%を底とした緩やかな回復が継続した。

○ 今回改善した主因は新規受注指数で、将来の生産増に結びつきやすいだけに久々の好材料だが、新規輸出受注は悪化して50%を割り込んでおり、輸出増に対する期待は後退する結果となった。

○ 今後は、高水準にある予想指数に鞘寄せする形で新規受注・生産が上向くのか、それとも期待が失望に転じて予想指数が急落してしまうのか、景気は引き続き正念場にあると思われる。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済:5/1発表の製造業PMI~2ヵ月連続の改善も、景気は引き続き正念場】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:5/1発表の製造業PMI~2ヵ月連続の改善も、景気は引き続き正念場のレポート Topへ