2014年04月30日

【2月米住宅価格】上昇中だが、伸び率は鈍化傾向が続く

研究員   高山 武士

文字サイズ

【要旨】

結果の概要:伸び率の鈍化傾向が続く

4月29日にS&Pが発表した2月のケース・シラー住宅価格指数(20都市総合、以下ケース・シラー指数)は、季節調整済の前月比で+0.8%、原系列の前年比で+12.9%となった。市場予想(Bloomberg集計の中央値、以下同様)である前月比で+0.8%、前年同月比で+13.0%とほぼ同様の結果であった。また、1月(改定値)の前月比で+0.8%、前年同月比で+13.2%と比較すると、前年比ベースでやや伸び率が鈍化したものの、変化幅は小幅にとどまった。
一方、4月22日に連邦住宅金融局(FHFA)が発表した2月の住宅価格指数(HPI)は前月比+0.6%と1月改定値(同+0.4%)よりやや加速、市場予想の+0.5%もわずかに上回っている。ただし、前年同月比では+6.9%と1月改定値(同+7.2%)から伸び率が鈍化しており、2013年後半に住宅価格の伸び率がピークアウトしている傾向はケース・シラー指数と同様である。
住宅価格の水準を見ると、ケース・シラー指数は、ピーク時の8割強であり、上昇余地があるように思われるが、より平均的な購入者を対象にしたHPIで見ればピーク時の9割以上まで回復しており、住宅の割安感は薄れていると考えられる(詳細はPDFを参照)。今後、賃金の改善ペースが緩慢ななか、住宅価格の伸び率についても鈍化が続くのかが注目と言える。


米国の住宅価格指数伸び率(前月比)/米国の住宅価格指数伸び率(前年同月比)

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【2月米住宅価格】上昇中だが、伸び率は鈍化傾向が続く】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【2月米住宅価格】上昇中だが、伸び率は鈍化傾向が続くのレポート Topへ