2014年04月22日

重要性増す在宅での自立を支援する機器開発-拡充されたロボット介護機器(介護ロボット)の「重点分野」-

社会研究部 准主任研究員   青山 正治

文字サイズ

■要旨

2月初めに経済産業省と厚生労働省の両省から同時に「ロボット技術の介護利用における重点分野(4分野5項目)」の改定が発表された。この発表により新たに1分野3項目の「重点分野」が追加され、「重点分野」は5分野8項目となった。本稿では追加された「重点分野」に簡略な検討を加え、さらに、今後重要性を増す高齢者の在宅での自立を支援する機器群の開発について考察する。

62_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

青山 正治 (あおやま まさはる)

研究・専門分野
少子高齢社会・社会保障

(2014年04月22日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【重要性増す在宅での自立を支援する機器開発-拡充されたロボット介護機器(介護ロボット)の「重点分野」-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

重要性増す在宅での自立を支援する機器開発-拡充されたロボット介護機器(介護ロボット)の「重点分野」-のレポート Topへ