2014年04月04日

4月ECB政策理事会:低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いることで全員一致

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州中央銀行(ECB)が3日に4月の政策理事会を開催した。今回は具体的な行動は見送ったが、「低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いる約束をすることで全員一致(声明文)」し、ドラギ総裁は、国債購入による量的緩和について協議したことを積極的に認めるなど、追加緩和への強い決意を示した。低インフレの超長期化のリスク要因として「行過ぎたユーロ高」を強く意識していることも示唆した。

ECBが量的緩和やマイナスの預金金利の導入などに踏み切るのは、例外的な状況と考えている。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【4月ECB政策理事会:低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いることで全員一致】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

4月ECB政策理事会:低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いることで全員一致のレポート Topへ