2014年04月03日

2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

去る1月31日に2014年度に向けた年金の改定率が発表された。名目額では0.7%の減額だが、実質的には1.0%の削減となっている。15年度は消費税率引上げの影響に特例水準の解消とマクロ経済スライドの開始が加わり、名目では0.3%の増額だが、実質的には1.7%の削減となる見込みである。本稿ではマクロ経済スライドの開始に備えて年金改定の仕組みを確認する。

このレポートの関連カテゴリ

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込みのレポート Topへ