2014年04月02日

最近の人民元と今後の展開(2014年4月号)

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 3月の人民元相場(対米国ドル)は基準値・現物実勢ともに下値を探る展開となったが、基準値が小幅な下落に留まったのに対し、現物実勢はそれを大幅に上回る下落率となった。

○ 世界通貨の動きを見ると、インド(ルピー)やブラジル(レアル)など大きく売られていた新興国通貨が買い戻される一方、人民元は売られたことから、割高感は縮小に向った。

○ 4月の人民元(現物実勢)はボックス圏(1米国ドル=6.12~6.24元)で推移すると予想。なお、その後は景気が回復に転じれば上限トライ、悪化ならもう一段安いボックス圏へ。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【最近の人民元と今後の展開(2014年4月号)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

最近の人民元と今後の展開(2014年4月号)のレポート Topへ