2014年03月31日

新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる-開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備-

社会研究部 准主任研究員   青山 正治

文字サイズ

※本稿は「基礎研レポート」として2014年2月21日に掲載したものを転載した。

■要旨

近年、公共施設や公共交通機関などの社会インフラのバリアフリー化が進展し、車いすで活動する人の姿が日常的な光景となっている。車いす等の従来からある福祉用具・機器と実用化へ向けて開発が加速する介護ロボット (ロボット介護機器)等の新たな機器は、共に今後の超高齢社会の日常生活を支える重要な機器群である。2014年に入り、厚生労働省は今後の新たな福祉用具・機器の登場を見据え、介護保険の給付対象となる福祉用具・住宅改修の新たな種目・種類の追加・拡充について、その妥当性や内容についての検討を開始した。

本稿では、福祉用具・機器等の市場の現状と厚生労働省の検討状況を概観し、簡略な考察を加える。

このレポートの関連カテゴリ

62_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

青山 正治 (あおやま まさはる)

研究・専門分野
少子高齢社会・社会保障

レポート

アクセスランキング

【新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる-開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新たな福祉用具等への介護保険適用の検討始まる-開始された介護ロボット等の登場へ向けての準備-のレポート Topへ