2014年03月27日

まちづくりレポート|モノづくりのまちのまちづくり-東大阪市住工共生のまちづくり条例

社会研究部 准主任研究員   塩澤 誠一郎

文字サイズ

■要旨

モノづくりのまちとして有名な東大阪市は、2013年4月に、モノづくり企業の集積を維持しながら、良好な住環境の創出をめざして、「住工共生のまちづくり条例」を施行した。

条例により、モノづくりを推進する地域における住宅建築に対し、一定のルールを定めるとともに、工場で働く人と住民とのコミュニケーションを育むための施策を導入している。

この条例は、高井田という地域のまちづくり活動がきっかけとなって制定された。筆者は、その活動に「モノづくりのまち高井田のまちづくりは、コミュニティを基盤にしてこそ成り立つ」という思いが込められているように感じる。そして、東大阪市は、この考え方を条例制定により全市に広げようとしているように読み取れるのである。

本稿では、はじめに条例制定の背景を説明した上で、条例の内容と関連する施策を解説し、次に、条例制定のきっかけとなった高井田地域のまちづくり活動を紹介する。最後に、施行からおおよそ1年が経過した現在の状況をレポートする。

このレポートの関連カテゴリ

64_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

レポート

アクセスランキング

【まちづくりレポート|モノづくりのまちのまちづくり-東大阪市住工共生のまちづくり条例】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

まちづくりレポート|モノづくりのまちのまちづくり-東大阪市住工共生のまちづくり条例のレポート Topへ