2014年03月04日

年金改革ウォッチ 2014年3月 ホワイトデー号~ポイント解説:財政検証に課された宿題

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

1 ―― 先月までの動き
 年金財政における経済前提と積立金運用のあり方に関する専門委員会では、財政検証の経済前提設定方針や今後の進め方について議論が行われました。
 また、年金事業改善法案が予算関連法案として国会に提出されました。新たな制度の創設や年金記録および事務処理についての改善案等が盛り込まれています。

2 ―― ポイント解説:財政検証に課された宿題
 先月の「年金財政における経済前提と積立金運用のあり方に関する専門委員会」では、先月号でお伝えした財政検証で使われる各種の前提数値の組合せ方などが議論されました。この問題を含めて、財政検証には既にいくつかの宿題が課されています。本稿では宿題を振り返り、検討状況を確認します。

このレポートの関連カテゴリ

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

(2014年03月04日「保険・年金フォーカス」)

レポート

アクセスランキング

【年金改革ウォッチ 2014年3月 ホワイトデー号~ポイント解説:財政検証に課された宿題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金改革ウォッチ 2014年3月 ホワイトデー号~ポイント解説:財政検証に課された宿題のレポート Topへ