2014年03月03日

国内インフラ市場の拡大に向けて投資家ニーズを踏まえた投資機会を

金融研究部 主任研究員   増宮 守

文字サイズ

■要旨

  • 年金基金や生命保険会社などの国内機関投資家の間で、インフラ投資への取り組みが進みつつある。
  • 現在のインフラ投資機会は、ファンド商品を通じた海外案件が中心であるが、国内でもメガソーラー投資などが増加している。今後は、コンセッション制度上の運営権など、投資対象の多様化が見込まれる。
  • 機関投資家にとって、インフラ施設の長期性、安定性は親和性が高いものの、開発リスクや売却価格の変動リスクには特に注意が必要である。
  • また、インフラ投資をめぐっては、財政が逼迫する国や自治体の議論も活発化している。老朽化施設の維持管理、更新資金の捻出のためにも、安定稼働施設の運営権など、投資家ニーズを踏まえた投資機会増加による市場の拡大に期待したい。

このレポートの関連カテゴリ

77_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

増宮 守 (ますみや まもる)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

(2014年03月03日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【国内インフラ市場の拡大に向けて投資家ニーズを踏まえた投資機会を】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国内インフラ市場の拡大に向けて投資家ニーズを踏まえた投資機会をのレポート Topへ