2014年02月14日

保険会社の健全性規制 米国の状況~2013年の米国の動向を振り返って~

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

■要旨

米国の保険会社の健全性規制について2013年の動きを概観した。リスクとソルベンシーの自己評価や、原則主義ベースの責任準備金の規定は前年までにほぼ軌道に乗り、各州の法制化や統計データ整備、パイロットテストが行われる一方、あらたに再保険に関する「シャドーインシュアランス」の問題が認識され始めており、引き続き調査検討が進む模様。また新設の連邦保険局の保険規制に関する報告書も公表され、これまで実質的にNAICが行ってきた連邦規制につき、枠組みの変更も考えられる。国際的には、IAISの世界標準化された健全性規制の検討も始まろうとする中、IAISやEUとの整合性・同等性などにつき今後も議論が進められると考えられる。



このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

(2014年02月14日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【保険会社の健全性規制 米国の状況~2013年の米国の動向を振り返って~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

保険会社の健全性規制 米国の状況~2013年の米国の動向を振り返って~のレポート Topへ