2014年02月12日

1月マネー統計~銀行貸出は裾野の広がりが鮮明に

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向: 裾野の広がりが鮮明に
・主要銀行貸出動向アンケート調査: 企業の資金需要は増勢強まる
・マネタリーベース: 堅調に増加
・マネーストック: リスク回避的な動きがやや優勢に

■要旨

1月の銀行貸出(平残)の伸び率は前年比2.5%(前月は2.6%)となった。伸び率は若干縮小したが、10ヵ月連続で2%台の伸び率を維持している。企業規模別では、中小企業の伸び率が大・中堅企業と遜色ないレベルまで持ち直している。また、業種別でも前年比プラスとなる業種が増加しており、銀行貸出の裾野の広がりが鮮明になってきている。

主要銀行貸出動向アンケート調査によれば、2013年10-12月期の(銀行から見た)企業の資金需要増減を示す企業向け資金需要判断D.I.は前回比4ポイント上昇の8となった。前回からプラス圏(「増加」が優勢)に浮上していたが、増勢がさらに強まった形。企業規模別では、中小企業が上昇幅・水準ともに大企業を上回り、全体を牽引している。

マネタリーベース平残は200.4兆円と11ヵ月連続で過去最高を更新した。前年比伸び率も51.9%(前月は46.6%)と拡大している。なお、月末残のマネタリーベースで見ると、1月末は200.9兆円と前月末比で1兆円減少。ただし、もともと12月末は資金需要が急増する時期であり、例年1月末にかけては反動で大幅に減少する。今回は減少幅が1兆円に留まっているほか、平残前年比や季節調整済み系列では増加基調を維持しており、堅調な増加が続いていると判断できる。

マネーストック統計によると、1月のM2平均残高の伸び率は前年比4.4%、M3は同3.5%とそれぞれ2ヵ月ぶりに拡大。一方、リスク性資産を含む広義流動性の伸び率は14ヵ月ぶりに縮小した。1月は株安・円高が進んだ影響で、リスク回避的な動きがやや優勢になったとみられる。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【1月マネー統計~銀行貸出は裾野の広がりが鮮明に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

1月マネー統計~銀行貸出は裾野の広がりが鮮明にのレポート Topへ