2014年02月05日

キャッシュバランスプランの弾力化と運用リスク

金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長   梅内 俊樹

文字サイズ

キャッシュバランスプランの弾力化により、従前に比べ母体企業にとって運用リスク負担の軽い確定給付企業年金の導入に道が開かれることになる。しかし、運用リスク次第で母体企業が負担する運用リスクに違いが生じること等、給付設計に当たっては慎重な検討が求められる。

このレポートの関連カテゴリ

78_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長

梅内 俊樹 (うめうち としき)

研究・専門分野
リスク管理、年金運用

レポート

アクセスランキング

【キャッシュバランスプランの弾力化と運用リスク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

キャッシュバランスプランの弾力化と運用リスクのレポート Topへ