2014年01月24日

第五次EU拡大から10年-滞る中東欧のキャッチ・アップ-

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 2014年は、欧州連合(EU)が中東欧の8カ国と地中海の2カ国を新たな加盟国として迎え入れた第5次拡大から10年の節目の年である。
  2. 加盟前から始まったEUへの段階的な統合は、体制転換と市場経済の定着に大きな役割を果たし、西側からの資本流入の拡大で成長が加速したが、キャッチ・アップの勢いは、世界金融危機を境に総じて鈍っている。
  3. 危機の影響の深刻さは、国毎にばらつきがあり、ポーランド、チェコ、スロバキアは比較的安定を保ち、世界金融危機で大打撃を受けたバルト3国では回復軌道が定着している。他方、優等生と言われたスロベニアの景気後退が長期化、13年にEUに加盟国したクロアチアも成長と雇用の悪化が止まらない。
  4. 危機を境とする振幅がユーロ導入国・固定為替相場制採用国の方が大きいのは小国であることも影響していよう。今後は、相対的に規模の大きい変動相場制採用国の選択に、ユーロ危機を教訓とするユーロ制度改革がどのような影響を及ぼすかも注目される。

中東欧の実質GDP成長率~世界金融危機以降、国毎のばらつきが拡大~


43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【第五次EU拡大から10年-滞る中東欧のキャッチ・アップ-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

第五次EU拡大から10年-滞る中東欧のキャッチ・アップ-のレポート Topへ