2014年01月20日

中国が10-12月期GDPを発表~成長率は実質7.7%増へやや減速

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 2013年10-12月期の国内総生産(GDP)は実質で前年同期比7.7%増と前四半期の同7.8%増を0.1ポイント下回った。市場が予想した範囲内でやや良い数字というところだろう。

○ また、10-12月期の投資は第三次産業の伸び鈍化を受けてやや減速したものの、消費は自動車、家具、家電などの耐久消費財が牽引して回復基調が続いた模様である。

○ 今回のまずまず良好な経済指標を受けて、中国政府は目先の経済成長よりも経済の構造調整を優先した経済運営を継続すると思われる。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国が10-12月期GDPを発表~成長率は実質7.7%増へやや減速】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国が10-12月期GDPを発表~成長率は実質7.7%増へやや減速のレポート Topへ