2014年01月14日

米12月雇用増は7.4万人と予想を大幅に下回るも、失業率は6.7%に改善

  土肥原 晋

文字サイズ

米労働省発表の12月非農業事業雇用者は前月比7.4万人増と市場予想(19.7万人)を大きく下回り、2013年年間の月平均は18.2万人増と前年(18.3万人)を若干下回った。2012年12月開始の量的緩和拡大策は「財政の崖」による失速を下支えする一方、雇用の加速には至らなかった。

雇用不振には天候要因が大きかったと見られるが、ADP社発表の12月民間雇用増が23.8万人とほぼ1年ぶりの増加幅を見せ、チャレンジャー社集計の解雇者数が減少するなど、市場予想は発表が近づくにつれ上方修正されていたため、増加幅の縮小は市場には意外感の強いものとなった。

一方、失業率は6.7%へと低下(予想は7.0%)、2008年10月(6.5%)以来約5年ぶりの低水準となった。予想以上の改善となるが、雇用市場からの撤退者が多く雇用回復を示すものとは言えない。発表後は米債券金利が低下、株価も2営業に渡って下落。雇用回復ペースが減速するなか、失業率はFRBの目処とする6.5%に接近しており、下旬開催のFOMCの対応が注目される。

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米12月雇用増は7.4万人と予想を大幅に下回るも、失業率は6.7%に改善】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米12月雇用増は7.4万人と予想を大幅に下回るも、失業率は6.7%に改善のレポート Topへ