2014年01月10日

1月ECB政策理事会:フォワード・ガイダンスを強化、具体策は明言せず

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州中央銀行(ECB)が9日に1月の政策理事会を開催、政策金利のバイアスを下方とするフォワード・ガイダンスを「強く再確認する」などの表現を用いて強化、(1)経済実態から乖離した短期金利の上昇、(2)中期的なインフレ見通しの悪化に対しては、「断固とした追加策を投入する」方針を強調した。

フォワード・ガイダンスや必要に応じた追加策投入の覚悟を強調する反面、追加策の具体的な選択肢については明言せず、手詰まり感を払拭するには至らなかった。

銀行監督一元化に先立つ包括査定の実施要領の追加情報を1月末に公表する予定も明らかにした。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【1月ECB政策理事会:フォワード・ガイダンスを強化、具体策は明言せず】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

1月ECB政策理事会:フォワード・ガイダンスを強化、具体策は明言せずのレポート Topへ