2013年12月06日

12月ECB政策理事会:インフレ見通しを下方修正、日本型デフレのリスクは否定

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州中央銀行(ECB)が5日に12月の政策理事会を開催、大方の予想通り、現状維持を決めた。

同日発表の経済見通しでは、緩やかな景気回復の持続という見方は維持、インフレ見通しは下方修正され、15年までECBが安定的とみなす水準(2%以下でその近辺)を下回る予測が示された。

ドラギ総裁は、日本型のデフレのリスクは否定、追加緩和の選択肢の1つとされるマイナスの預金金利について「簡単に」議論したことを認めたが、量的緩和に関する質問には答えず、長期資金供給については、経済活動に結びつける難しさを強調した。為替相場は目標にしないが、中期的な物価の安定に与える影響は注視するとした。

今回の会見からは、警戒を緩めない姿勢は感じられたが、近い将来の行動を予見させるような緊迫感はなかった。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【12月ECB政策理事会:インフレ見通しを下方修正、日本型デフレのリスクは否定】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

12月ECB政策理事会:インフレ見通しを下方修正、日本型デフレのリスクは否定のレポート Topへ