2013年12月04日

発行が再開された物価連動国債との付き合い方

  新美 隆宏

運用リスク管理 公的年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

10月8日に、5年2ヶ月振りに物価連動国債の入札が行なわれ、3,482億円が発行された。同債券は、今後も定期的に発行される予定である。物価の動向を考えると、アベノミクスへの期待による行き過ぎた円高の解消や2年で2%の物価上昇を目指す日銀による量的・質的金融緩和政策、消費税率引き上げの影響などにより上昇傾向が続くと考えられる。そこで、年金運用を考える上での物価連動国債との付き合い方について少し整理してみたい。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

新美 隆宏

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【発行が再開された物価連動国債との付き合い方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

発行が再開された物価連動国債との付き合い方のレポート Topへ