2013年12月04日

量的質的金融緩和政策下における金利・為替動向

  伊藤 拓之

文字サイズ

日本銀行の量的質的金融緩和の開始からはや半年以上が経過した。本稿では日米の金融政策に焦点を当て、日米中央銀行のマネタリーベースおよび実質金利の推移から日米の長期金利、為替レート(USD/JPY)の動向を分析した。

伊藤 拓之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【量的質的金融緩和政策下における金利・為替動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

量的質的金融緩和政策下における金利・為替動向のレポート Topへ