2013年12月03日

最近の人民元と今後の展開(2013年12月号)

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 11月の人民元は、基準値は米国ドルに対して上昇したものの現物実勢はほぼ横ばいで推移した。世界通貨を見渡すと、米国のQE3縮小の時期は遠くないとの見方が優勢となって、新興国通貨の多くが下落、横ばいに留まった人民元は相対的にやや割高となった。

○ 今月の人民元(現物実勢)は、米国経済は回復基調ながらも財政協議が山場を迎え、中国経済も回復基調だが景気指標の一部に陰りが見られることから、米中ともに長期金利の動意は乏しく、当面の人民元(現物実勢)は横ばい圏で推移すると予想している。
但し、中国の防空識別圏をめぐる問題が人民元相場にも影響する可能性が浮上してきた。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【最近の人民元と今後の展開(2013年12月号)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

最近の人民元と今後の展開(2013年12月号)のレポート Topへ