2013年11月12日

10月マネー統計 ~貸出残高は09年3月以来の高水準

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向:貸出残高は09年3月以来の高水準
・主要銀行貸出動向アンケート調査:企業の資金需要は一進一退
・マネタリーベース:過去最高を更新したが、やや減速
・マネーストック:マネーの伸びは過去最大に

■introduction

貸出・預金動向によると、10月の銀行貸出の伸び率は前年比2.3%となった。残高はリーマン・ショックを受けて手元流動性確保の動きが強まった09年3月以来の高水準を回復。ただし、ここ数ヵ月、伸び率には頭打ち感が出ている。日銀が狙う「ポートフォリオ・リバランス効果」が十分に顕在化しているとはまだ言いがたい。伸び率が再び拡大へ向かうためには、企業の設備投資マインドの本格回復が必要と考えられる。

主要銀行貸出動向アンケート調査によれば、2013年7-9月期の(銀行から見た)資金需要増減を示す企業向け資金需要判断D.I.は前回(13年4-6月期)比で6ポイント上昇の4と、2四半期ぶりにプラス圏(“増加”とする回答が優勢)へ浮上した。D.I.は今回改善したとはいえ、前々回(13-1-3月期)の水準には届かず、一進一退の動きになっている。

10月末のマネタリーベース残高は186.9兆円と8ヵ月連続で過去最高を更新したが、前年比伸び率は9ヵ月ぶりに縮小した。前月比増加額は平残ベース(季節調整済み)で2.3兆円、末残ベース(季節調整前)では4.3兆円とともに目標達成ペースに届かなかった。

マネーストック統計によると、10月のM2平均残高の伸び率は前年比4.1%、M3は同3.3%、リスク性資産を含む広義流動性の伸び率も4.1%と、それぞれ過去最高を更新。未だ安全資産である預金への資金流入は衰えを見せておらず、株式市場でも個人投資家の売りが優勢であるなど、リスク資産投資が全体的に盛り上がっているわけではないが、限定的に投資機会をうかがう動きが見られる。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【10月マネー統計 ~貸出残高は09年3月以来の高水準】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

10月マネー統計 ~貸出残高は09年3月以来の高水準のレポート Topへ