2013年11月06日

厚生年金基金の解散と年金受給権

慶應義塾大学 法科大学院   森戸 英幸

文字サイズ

厚生年金基金の解散を加速させることになるであろう法改正が成立した。積立不足の状態で基金が解散すれば、年金給付の減額は不可避である。年金受給者がこの減額による損害の填補を求めることは法的に可能なのだろうか。

このレポートの関連カテゴリ

慶應義塾大学 法科大学院

森戸 英幸

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【厚生年金基金の解散と年金受給権】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

厚生年金基金の解散と年金受給権のレポート Topへ